あの子とあの子の婚姻届になりたい。

声フェチの腐女子による、声優さんやアニメについてのアレコレ。

2015年春アニメの簡単なレビューとか。①

 

こんにちは。ほか子です。

春アニメが始まりました! ということで今回は、現段階で視聴済のアニメの、第1話の簡単なレビューです。

 

 

 

▼旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目

旦那が何を言っているかわからない件 [Blu-ray]

相変わらず安定感のあるショートアニメです。こんな生活を送りたい。

ヴヴヴのパロディで、ルーンの補給という体でラーメンを所望するカオルたん…。主題歌はまだ聞き慣れませんが、1期の主題歌のようにじわじわとハマりそう。

 

 

▼プラスティック・メモリーズ

設定からして「泣ける系のアニメ」だよな…とは思っていましたが、案の定でした。第1話にして、ちょっとジーン…。

アンドロイド“ギフティア”とツカサたち人間の関係が、『PSYCHO-PASS サイコパス』でいう執行官と監視官みたいだと思いました。今後は、1話のおばあさんのようにギフティアの回収を快諾しない人間や、回収が間に合わずに人格が破たんしてしまったギフティアなども出てきそうですね。

カヅキとアイラの間に何があったのか(アイラが回収実績ナンバーワンなのは、カヅキのおかげ? とか?)など、今後どういうふうに展開していくのか気になります。

とりあえずはミチルちゃんが可愛いです。次回もぬるぬる動いてほしい。

 

 

境界のRINNE

境界のRINNE(1) (少年サンデーコミックス)

高橋留美子さん原作の同名漫画のアニメ化作品ということで、こちらもストーリーに安定感があります。『犬夜叉』のようにバトル要素はありつつも、どちらかというとコメディ要素のほうが多そうなので、そこまで構えずに観ることができそう。

ギャグが結構シュールで、ふつふつと笑えてくる感じが好きです。(笑)

EDがパスピエということで楽しみにしていたのですが、やはりメロディが…キーボードが良いですね。

 

 

アルスラーン戦記

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

原作を読んだことはないのですが、舞台が舞台ということもあって、これからアルスラーンには過酷な試練が待ち受けていそうですね。

何はともあれ、菅生さんのお声がとても素敵でした。

 

広告を非表示にする