あの子とあの子の婚姻届になりたい。

声フェチの腐女子による、声優さんやアニメについてのアレコレ。

仕事を仕事と割り切れない人間の戯言

 

f:id:h0kaaa:20150215113351j:plain

 

こんにちは。ほか子です。

今日は、私が今まで何社か会社勤めをしてきて感じたことを書いてみたいと思います。

 

まず、「会社員は安定して収入が得られるし、変な話どんな会社でもいいからとりあえず入社できればいいや」というような考えで会社を選ぶと、必ず後悔するということ。

幼い頃にものすごく好きなことを見つけて、「私はずっとこれに関係することをやっていく!」と思えていたのなら良いのですが、特に好きなことがなく、または好きなことがあってもそれを将来と結び付けられずに、ろくに考えもせず「どこかに就職して働かなければ」という思いだけで自分に縁もゆかりもない会社に就職してしまうと、後で必ずしわ寄せが来ます。

「働いてお金を稼いで、生活していかなければならないのだから、自分がやりたいやりたくないは置いといて、仕事は仕事」と割り切ることができれば問題はありませんし、何もわざわざこんなことを考えなくても、今まで多くの人たちがそうしてきたように当たり前のように就職して当たり前のように働いている人も大勢います。

 

しかし、お金や世間体などを抜きにして、どうしても仕事を仕事と割り切れない人もいます。

私も含めてそういう人たちは、例えどんなにお給料が良くても、自分のやりたくないことはできないのです。

 

これは、ただのワガママなのでしょうか。所謂、社会不適合者というやつ?

みんながみんなやりたい職業につける訳はないのだから、どこかで妥協して折り合いをつけながら働いていかなければならない? 少し言い方が乱暴ですが、別に全然やりたくないことでもムリヤリやりがいを見つけて、これでいいんだと自分に言い聞かせながら働くなんて、自分を誤魔化し続けていくなんて、辛い。

 

私の頭が固いだけかもしれません。綺麗事かもしれません。

今は(親のスネかじりながら)生活できているからいいけど何かあって生活がままならなくなった時はどーすんだよ、って話です。

しかし、生きるためにやりたくないことを我慢してやり続けたり、生きるために自分とは関係のない人間同士の醜い小競り合いや貶め合いやごたごたに巻き込まれたり、そんなのはどうしても納得できないのです。生活のために毎日遅くまで仕事をして、生活のために胃がキリキリするような人間関係も我慢して、それで体調を崩すのです。生きるためにやっている筈の仕事で、死にかけるんです。

 

 

何が言いたいのか分からなくなってきました。

でも、仕事を仕事と割り切れない人間は、やはり自分のやりたいことを頑張るしかない、と思います。

割り切れる人間なら、とりあえずはそれで良し。割り切れない人間なら、早めにそれに気づいて時間を有意義に使えるかどうかにかかっている。

 

というのが、今まで3つ(短期も入れれば5つくらい)の会社に勤めてきて、思ったこと。

 

 

 

広告を非表示にする