読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子とあの子の婚姻届になりたい。

声フェチの腐女子による、声優さんやアニメについてのアレコレ。

アニメ『SHIROBAKO』17話感想、ムダだと思ったことが意外な場面で役に立つ

アニメ

 

宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(初回限定盤)

こんにちは。ほか子です。

 

ニコ動にて、『SHIROBAKO第17話視聴しました。ので、簡単にレビューを!

 

 

 

セオリー通りにいかない現場

 

変な話、担当編集を早くどうにかしよう。

 

前回で懲りたかと思えば、まtttったく今まで通りの茶沢さんから突然「三女のPVを作ってほしい」との申し出。またこのトラブルメーカーは……。ですが、実際こういうことってよくありますよね。そして「そんなの聞いてないよ!」ってあたふたするのがデフォ。

「現場に負担をかけないように、PVは適当に見繕うべき」と平岡さん。平岡さんの言うことも正しいんだとは思うけれど、いちいち言い方がちょっとキツイですよね。

突発的に色んなことが起こるからその都度機転を効かせないといけないし、改めて制作の仕事ってものすごく大変そう。大変じゃない仕事なんてそうそうないとは思うけれど、時にはムリを押し通さなければいけないこともあるらしいので、神経がある程度図太くないとやっていけないですよね。社会人ならばどんな職場であろうと対応していかなきゃならんのかもですが、もともと神経質な人にはちょっと厳しいだろうな…と思いました。(^_^;)

それにしても、宮森はホント有能ですね!まだ2年目なのに…私1年経ってもどの職場にもイマイチ馴染めなかったよ…。

 

原画を回収しに行って迷子になった佐藤さんと、寝過ごした安藤さん。真っ先に原画の心配をする宮森、とても2年目とは思えない。そして帰ってきた2人のためにご飯を用意してくれているデキる先輩宮森。いいな…こんな先輩…。

宮森も言っていたけれど、きっと誰でも場数を踏めば、そのうち形にはなるのでしょうね。向き不向きも多少あるとは思いますが。

 

 

 

ムダなことなんて無い

 

ウメブーの中に入るハズの人が急病で来れないということで、声を担当する ずかちゃん が中に入ることに。突然のことでしたが、「いい経験になりました」と ずかちゃん。

 

今は「こんなことが何の役に立つの?」と思うかもしれないけれど、後になって、ムダだと思っていたことが意外なことに役立ったりする

だから、とにかく目の前のことを一生懸命やるといいと思います。「アレはまったくのムダだった」なんてこと、そうそうありませんし、逆にムダだと思うことを進んでやってみるのもいいと思います。何がどんなことに繋がるのかなんて、分からないですからね。

 

 

 

郷に入っては郷に従え

 

まったくの新人である佐藤さんや安藤さんと違い、平岡さんには制作として働いていた経験があるので、きっと彼には彼なりのやり方があり、ルールがあるんでしょうね。(5年間やってきて慣れが出ちゃってるのかもしれないけど。悪い意味で)

とはいえ、朝礼に出て全員で情報を共有することは大切だし、ムサニにはムサニのルールがある。だからね、タローがさっさと平岡さんを攻略してくれればいいんですよ

 

いやしかし、どんなに周りからスルーされてもヒドい扱いを受けても意に介さないタローはすごい。こういう人はもうこれがデフォなんですよね…。しかもどうやらタローは若い頃の水島監督らしいので、イコール水島監督すごいってことになる。

 

今週のナベPも格好良かった…松風さんイイ声過ぎて毎週惚れ直してる。